「小さい家」は、岐阜の古い街並みのある金華地区の建物をリノベーションした現代アートのギャラリーです。紙製品を中心としたショップも併設しています。
Author Archive

5月30日から6月15日は書家、岩瀬崇さんの「詩と樹と人ー詩に寄り添うこと、樹の声を聴くこと、生きるということー」展。自分をとりまく自然や自分の内側の声に耳を傾け書にしたものです。岩瀬さんのHPもぜひご覧ください。→http://www.takashi-iwase.net/

5月2日から11日までは馬場真哉さんによる「イシノマ」展。石を中心とした13点の作品を和室や屋根裏も使って展示しました。石と共にある世界を多くのお客様に楽しんで頂けました。ありがとうございました。

4月4日から20日は、水墨画家、荒井克典さんによる個展「SAKURA」です。 一階の和室、二階の白いスペースいっぱいに、水墨によるインスタレーションを試みます。

3月7日から3月23日までは「小さい家でもういちど」。岐阜大学で美術を学ぶ学生が美術館で発表した作品の中から何点かを「小さい家」の空間で展示します。

2月14日から3月2日までは「女子力-女性が切り開く現代アートの世界-」。海外アーティスト2名を含む女性7名の個性的な展覧会です。繊細でパワフルなそれぞれの世界をお楽しみ下さい。